たすけ通信

たすけブログ
たすけくんのお勧め情報はこちらから


太助BOXのご注文↑はこちらから

「ゆうきネット山陰」のスタッフに「西村太助」というひとりの青年がいます。
このページでは、太助君が起こした奇跡と、これからのこと…
そして「ゆうきネット山陰」との関わりについて綴っていきます。

事故からの七年間~そして今 「事故があるから、いまの自分がいる」

2006年3月海外留学中のグアテマラで不慮の事故に遭った西村太助(にしむら たすけ)君。
九死に一生を得たとはいえ、帰国した時には半植物人間状態でした。
事故の記憶も、事故前の記憶も、どれだけ残っているかも分からない状況の中、
「高次脳機能障害」という脳の障害を抱えていることが分かりました。
太助君は事故の後の現地での手術の処置が原因で、低酸素脳症になり、
脳に一時的に酸素が通わなくなり、脳の一部が死んでしまい、高次脳機能障害となりました。
病院の先生からは「一生このまま半植物人間状態になるかもしれません。
覚悟をしてください」と宣告され、どれほど回復するかは未知数でしたが、
まるで赤ちゃんのように純粋な笑顔を見せてくれる太助君が、家族の救いになりました。


それから、先の見えない闘いが始まりました。家族みんなが協力して、
太助君のために出来ることは何でもやりました。地元・島根の病院に戻ってのリハビリ治療。
少しずつ言葉が出始め、昔の記憶が戻ってくるようになりました。病院に友人が訪れると、
嬉しそうな表情とともに、脳が働きだしているかのように言葉が増え、リハビリに対する意欲が
増すようになりました。 

広島の高次脳機能障害のリハビリを専門とする病院に入り、懸命なリハビリの末、
自分ひとりで歩けるようになり、身体の機能が徐々に回復すると同時に、
考えることや話すことも多くなってきました。
その頃から太助君に、「休学していた和歌山大学に戻りたい。
復学して卒業したい」という目標が芽生えてきました。
そして、休学できる期限まであと1年というとき、太助君は和歌山大学の先生方に
「どうか復学させてください。」と直接訴え、復学を果たしたのです。

大学では学生ボランティアの支えのもとで授業を受けたり論文を書いたりしました。
高次脳機能障害が抱えるさまざまな問題を多くの人が共有し、一緒に考えてくれる「チーム」ができたのです。
そして、大学で過ごした1年間で太助君は、どこの病院にいた時よりも大きく回復し、見事卒業を手にしました。



その後、東京・世田谷の「ケアセンター ふらっと」で一人暮らしのリハビリを続けながら、
何度も中国へ渡って太極拳を習ったり、横浜太極拳協会では2年半にわたり「練功十八法」
「気功太極拳」を実践しました。事故から7年、太助君は見違えるほどの姿になったのです。

そして今。
7年間のリハビリの旅を終え、地元である島根県松江市で社会復帰を果たすことができました。
「ゆうきネット山陰」での最初の仕事は、父親の実家である奈良県で家族総出で
作っているお米「太助米」の販売。今までお世話になった人や支えてくれた人に
感謝の気持ちを伝えたいと、一人ひとりにお米を配りました。
事務所では自分で珈琲を焙煎して「太助珈琲」を作ろうと焙煎の練習をしたり、太極拳の教室の方々に
「ゆうきネット山陰」の食材を買ってもらえるよう引き売りをしたりして過ごしています。
とにかく人と話したりするのが大好きで、いつも笑顔で事務所に来た人を迎え、
会話を楽しんでいる太助君。



「自分がこうして回復できたのはたくさんの人に支えてもらえたおかげ。
これからはゆうきネット山陰で支えてくださった方に恩返しをしていきたい。」と
「ゆうきネット山陰」の仕事に意欲的に取り組んでいます。
今後も私たちスタッフと力を合わせ、島根の良さを発信し、
笑顔のネットワークをどんどん広げていきたいと思っています。

- - ゆうきネット山陰でのお仕事 - -

高次脳機能障害を抱えている人たちは、見た目には健康な人と
区別がつかないことが多く、「隠れた障害」とも言われています。
事故後の脳の損傷により、太助君も身体が不自由なことだけでなく、
記憶障害や行動障害、空間無視など、社会生活をしていく中で困難なことがたくさんあります。
ですが、これからは社会に復帰して、仕事を覚え、地域の皆さまと一緒に
生きていく場を作っていくことが必要です。

「ゆうきネット山陰」では、太助君の特性を生かした仕事をつくり、
障害を抱えていても生き生きと働ける場所になったらいいね・・・と
いう気持ちで太助君の帰りを待っていました。

いま太助君は、少しずつ「ゆうきネット山陰」の仕事を覚え、
会員の皆さまと笑顔で会話を楽しみながら仕事をしています。
人と話したり、自分の好きなものを紹介したりすることが大好きな太助君は、
今やゆうきネット山陰の「営業担当」です。いろいろな場所に出かけて、
おススメ商品を販売したり、ゆうきネット山陰の紹介をしてくれています。
太助君に出来ること、得意なこと、やりたいことを形にしていくと、
自然と人が集まってくるから不思議です。
太助君のにこにこ笑顔と一生懸命、前向きに頑張ろうとしている姿が人を
惹きつけるのかもしれません。


太助BOXのご注文↑はこちらから
「太助君の仕事づくりの一つとして太助BOXを販売しています。
太助君の焙煎した焙りたて珈琲と一緒にゆうきネット山陰のおススメ食材を期間限定で販売します。
内容は季節ごとに変わっていきます。一年間を通して山陰の美味しい!を皆様にお届けしたいと思います。 」


たすけブログ
たすけくんのお勧め情報はこちらから。


トップページへ戻る